6畳ワンルームを広く、おしゃれに。レイアウト&インテリア実例!

6畳ワンルームでも広く快適なレイアウト

一人暮らしに多い6畳ワンルームのお部屋は、どのようにレイアウトしたらいいのか悩んでいる方も多いはず。
日々の生活を快適にするためにもストレスなく、かつおしゃれにレイアウトしたいですよね?

 

ワンルームは一つの空間がリビング、寝室、キッチンになるので、ベッドや冷蔵庫、デスクなどさまざまな家具を一つの空間に置かなければいけません。

 

今回は6畳ワンルームのお部屋を広く、おしゃれにレイアウトするためのポイントとインテリア実例を紹介していきます!

6畳ワンルームを広く使うためのポイント

6畳ワンルームを広く使うためにはレイアウトする前の準備が大切。
生活のすべてを過ごす空間になるので「思っていたよりも狭かった」と感じてしまうこともしばしば…。

 

置きたい家具をしっかりと配置できるように、まずは事前準備から始めましょう!

部屋のサイズをしっかり測る

部屋のサイズをしっかり測る

出典:@kurm_room

 

まずはお部屋のサイズを測るところから始めましょう!6畳ワンルームといっても正方形だったり、縦長・横長だったりと間取りによって全然違います。

 

お部屋のサイズをメジャーなどで測ってから、置く家具のサイズを計算することが大切です!

特に収納スペースのないお部屋だと、自分で収納家具を用意しなければいけないので、事前にしっかり準備しておきましょう。

家具を配置する際はベッドを置く位置から決める

家具を配置する際はベッドを置く位置から決める

出典:@nana_w7877

 

レイアウトを考える時は、まず一番大きなベッドから考えるとその後のレイアウトを組み立てやすいです。
ベッドの位置を決めてから、TVや収納キャビネット、デスクなどを考えるのが一番効率的に決められます。

 

6畳ワンルームのお部屋ならば、一般的に一番奥にベッドを持っていくと空間を広く見せられますよ!

 

《長方形》6畳ワンルームに最適な家具のレイアウト

縦長・横長の長方形のお部屋は、6畳のスペースだとバランスに悩む方もいるかもしれません。ですが、少し奥行きがあるのでレイアウトを上手くすれば簡単にお部屋を広く見せることが可能です!

 

ここでは、長方形の6畳ワンルームに最適な家具の配置を紹介していきます。

L字型に配置

長方形の6畳ワンルームL字型に配置

出典:@kc_yupi

 

奥にベッドを配置し、L字型に配置しているレイアウト。奥に家具を寄せてL字型にすることで、お部屋の手前側に空間が生まれて全体的に広くスッキリとした印象にできます。

壁に沿って平行に配置

壁に沿って平行に配置

出典:@grb1991

 

こちらは、長方形のお部屋で壁に沿って両サイドに家具を置いているレイアウト。

両サイドに家具を置くことによってお部屋の中心に縦長の空間が生まれ、生活動線をしっかり確保できます。長方形の奥行きを上手く活用できていますね!

 

また、平行に家具が配置されているので、全体的にお部屋のバランスがよく見えます。

《正方形》6畳ワンルームに最適な家具のレイアウト

正方形のお部屋は6畳ワンルームの広さだとレイアウトが難しいと思われがちです。奥行きがないので、ベッド一つ配置してしまうと残りのスペースをどうレイアウトしていいのか悩んでしまいますよね。

 

しかし、正方形のお部屋も上手く配置できればコンパクトで快適な空間にすることができます!

壁に沿って平行に配置

壁に沿って平行に配置

出典:@melange_room

 

正方形のお部屋でも、このように壁に沿って平行にレイアウトし、中心に空間を作ると広くスッキリと見せられます。生活動線もしっかり確保できていますね!

 

こちらのインテリアのようにベッドの反対側にデスクを配置し、他の家具をあまり置いていないお部屋は、流行りの“ホテルライク”なお部屋でとてもおしゃれですね。

コの字型に配置

コの字型に配置

出典:@interior__kr

 

正方形のお部屋はこのように“コの字型”にして、周りを囲むようにレイアウトするとバランスがよくなります。さらに、生活動線もしっかり確保できます!

 

奥側に家具を配置するとまとまりのあるお部屋に見えますね。家具の数が多い方にはおすすめのレイアウトです。

おしゃれな6畳ワンルームのレイアウト・インテリア実例!

6畳のワンルームはレイアウト次第でお部屋を広く見せられることがわかりました。

 

ここからは、実際にお部屋をおしゃれに、バランス良くレイアウトしている方々のインテリア実例を見ていきましょう。

大きな鏡を置いて空間に奥行きを出す

大きな鏡を置いて空間に奥行きを出す

出典:@__91230

 

大きな鏡はお部屋に置いてあるとおしゃれ度を上げてくれるアイテム。実はそれだけではなく、空間に奥行きができたように錯覚させることができるので、空間を広く見せてくれる効果もあります。

 

鏡を用いたインテリアは、韓国インテリアや北欧風インテリアなどおしゃれさんのお部屋でよく見かけますよね。
鏡がお部屋にあると、自分の身だしなみを整える意識も高まりそうです!

色味を統一して視覚的にスッキリと見せる

色味を統一して視覚的にスッキリと見せる

出典:@suu__rm

 

お部屋の色味を整えるだけでも、お部屋はスッキリした印象になります!
こちらのお部屋は、白を基調とした同系色でまとめて、淡い水色やベージュで色味を調整していますね。

 

6畳ワンルームという狭めの空間だからこそ、まとまりのある色を使うように意識してみましょう!

高さの低い家具で圧迫感を排除

高さの低い家具で圧迫感を排除

出典:@kurm_room

 

6畳ワンルームのお部屋で背の高い家具を置いてしまうと、どうしても空間を圧迫してしまいます。空間を広く見せるためには低めの家具を並べることがおすすめです!

 

こちらのインテリアのように、テレビ台やローテーブルの高さを低めに統一すると、空間にゆとりが出るので広く見えます。
特にローテーブルはコンパクトで使い勝手がよく、背の低いアイテムなので6畳ワンルームにはぴったりです!

収納なしの部屋なら「見せる収納」で潔く

収納なしの部屋なら「見せる収納」で潔く

出典:@may_15490

 

収納スペースのあまりないお部屋ならば、「見せる収納」で空間を広く見せるのがおすすめです!

 

扉のついている家具だとどうしても圧迫感を与えてしまうので、オープンラックや棚の中が見えるものを選ぶのがおすすめ。自分のお気に入りを飾りながら収納できるので、インテリアを楽しむこともできます。

おしゃれなシェルフで収納スペースを確保

おしゃれなシェルフで収納スペースを確保

出典:@n___home19

 

大きめの収納棚を一つどんと置いているレイアウト。

6畳のお部屋だと大きい家具を置くのを躊躇してしまうかもしれませんが、このようにお部屋のアクセントとなるような大きい家具を置くのもとてもおしゃれですね!

 

6畳のお部屋は収納を上手にできないともので溢れてしまうので、収納スペースをしっかり確保することも大切です。

カフェテーブルを置いて第二の空間を楽しむ

カフェテーブルを置いて第二の空間を楽し

出典:@curu_room

 

窓際にカフェテーブルを配置しています。普段はローテーブルで作業し、ちょっと一息つきたい時にくつろげるスペースに移動すると、生活にメリハリが出そうですね。

 

このようにちょっとした空間を作ったり、家具で仕切りをつけてゾーニングするのもとてもおすすめです!

壁を有効活用する

壁を有効活用する

出典:@sena.d_room

 

ウォールシェルフを用いて雑貨を飾ったり、お気に入りの写真や絵を貼ったりと壁を有効活用しているインテリア。

 

最近では、ウォールシェルフやウォールラックなどお手頃な値段でおしゃれなものが手に入るので、壁を使ったインテリアはとてもおすすめです。

このように壁を使っておしゃれに彩ると、自然と気分も上がりますよね!

最小限の家具でミニマルに暮らす

最小限の家具でミニマルに暮らす

出典:@roomkansatsu75

 

テレビ、ローテーブル、ソファー、ベッドととてもシンプルな家具のみで構成されたレイアウト。お部屋のカラーも白と淡いグレーで統一されているのでよりお部屋が広く見えます!

 

このように、6畳のお部屋なら最小限の家具でミニマルスタイルにすれば、スッキリとした印象でまとめることも可能です。

プロジェクターでおしゃれ&コンパクトに

プロジェクターでおしゃれ&コンパクトに

出典:@roomx

 

プロジェクターを使用しているお部屋のレイアウト。プロジェクターを用いると、テレビ台が不要なのでその分お部屋を広く使えますね。

 

最近ではおうち時間も増えているので、大画面で映画を楽しんだり好きなアーティストのライブを観たりと有効活用できそうです。

また、プロジェクターは見た目もおしゃれなのでとてもおすすめ◎

一つで二役になる家具を使う

一つで二役になる家具を使う

出典:@__mami115413

 

部屋の奥側に収納スペース付きのベッドを置いているインテリア。見た目もとてもおしゃれで、これでしっかり収納スペースも確保できるなんて一石二鳥ですよね!

 

このように、6畳ワンルームのお部屋だと一つで二役になるアイテムは場所も取らないのでとても活躍します。

例えばドレッサー付きのローテーブルや、テレビ台としても活用できるシェルフなど、限られたスペースだからこそこのようなアイテムは重宝しますね。

まとめ

6畳ワンルームのお部屋は、空間にすべての家具を配置しなければならないので、レイアウトに迷ってしまいます。ですが、工夫次第では広くおしゃれに見せられることがわかりましたね。

 

事前に広さを把握して家具を選ぶ、お部屋の形に合わせてレイアウトを考える、などのポイントを押さえてお部屋を作ると、快適に過ごせて自分のお部屋をもっと好きになれるはず!

 

これを機に、レイアウトを工夫して素敵なお部屋を目指してみましょう。

合わせて読みたい


Recommend

7畳を最大限活かしたレイアウト

7畳でも居心地の良い空間を作る。おしゃれ女子から学ぶレイアウト術

7畳でも居心地の良い空間を作る。おしゃれ女子から学ぶレイアウ…

7畳の部屋は狭い?7畳を広く使うには、「動線」「家具の高さ」「レイアウト…

6畳の寝室でもゆったりリラックスできる。広々見せるレイアウト集

6畳の寝室でもゆったりリラックスできる。広々見せるレイアウト…

6畳の寝室ってレイアウトが難しい…。6畳でもゆったりとくつろげる寝室を作…

ワンルーム

一人暮らしを楽しむ!おしゃれで快適なワンルームレイアウトのコツ

一人暮らしを楽しむ!おしゃれで快適なワンルームレイアウトのコ…

一人暮らしのワンルームで快適に過ごすためにはレイアウトが重要。レイアウト…

6畳1Kの素敵なレイアウトのお部屋

6畳1Kでも快適に!レイアウトの基本をインスタ女子から学ぼう

6畳1Kでも快適に!レイアウトの基本をインスタ女子から学ぼう

6畳1Kの部屋でも快適に過ごしたい!「家具のレイアウト」「高さのバランス…

おしゃれで落ち着く寝室とは?レイアウトのポイント&インテリア実例

おしゃれで落ち着く寝室とは?レイアウトのポイント&インテリア実例

おしゃれで落ち着く寝室とは?レイアウトのポイント&インテリア…

毎日の疲れを取るのに大切な寝室。寝室をおしゃれに、落ち着く空間にするため…

Category