6畳1Kでも快適に!レイアウトの基本をインスタ女子から学ぼう

6畳1Kの素敵なレイアウトのお部屋

突然ですが、皆さんはお部屋のレイアウトの基本を知っていますか?

 

レイアウトというとなんだか難しそうな感じがしますが、簡単にいうとインテリアの配置やお部屋の使い方のことです。

普段はあまり意識せず行っているお部屋のレイアウトですが、少しだけ意識することによってお部屋はさらに快適になりますよ。

 

そこで今回は、6畳1Kのお部屋で快適な生活を送るためのレイアウトの基本を徹底的に解説していきたいと思います。

すぐに取り入れられるものもご紹介するので、ぜひ皆さんも試してみてください。

 

6畳1Kのレイアウトの基本

ここでは、6畳1Kのレイアウトの基本についてご紹介していきます。

これさえ押さえれば、あっという間に快適なお部屋に大変身しますよ。

壁際に沿って家具を配置する

壁に沿って家具を置いたお部屋

出典:@tmmm__17

 

壁際に沿って家具を置くことで、お部屋の空間をより広く見せることができます。

一般的にはお部屋の中心に家具を置く方が多いですが、家具を中心に置くと無駄なスペースが生まれてしまい、逆にお部屋を狭く見せてしまう場合があります。

 

壁際に配置する家具と、中心に配置する家具を見極めることでバランスの取れた快適なお部屋に仕上がりますよ。

高さのバランスに気をつける

高さのバランスを気をつけたお部屋

出典:@kuru_room

 

家具の高さを統一することによって、家具によって生まれる圧迫感が抑えられて広々とした空間に見せることができます。

特に背丈の低い家具を選ぶことで、より圧迫感が軽減されますよ。

 

こちらのお部屋は家具の高さを統一しているのでお部屋に一体感があり、とても過ごしやすそうな空間になっています。

壁を有効活用する

壁を有効活用したお部屋

出典:@0zerowhite

 

6畳1Kのお部屋は一般的に見てそこまで広さがあるわけではありません。よって、生活に欠かせない家具が多く、配置に困るという方はぜひ壁を有効活用してみてください。

 

こちらのお部屋のように壁にプロジェクターを投影することで、テレビを置くスペースが不要になるので、その分別のものを置くことも可能です。

その他に壁かけ収納なども最近では流行っているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

極力床に物を置かない

床にものを置かないように工夫したお部屋

出典:@karinterior_lifood

 

床に物をたくさん置いてしまうことによって、足の踏み場が少なくなりさらにはお部屋が散らかっているように見えてしまいます。

それを防ぐためには極力床に物を置かないことが一番効果的です。

 

ものが少なければ掃除も生活もしやすいので、快適な空間を長く保ち続けられますよ。

 

おしゃれかつ快適に過ごせるレイアウトを学ぼう

ここからは、実際に快適な空間で生活しているおしゃれ女子のお部屋の写真と共に、6畳1Kのレイアウトポイントについてご紹介していきます。

 

様々なレイアウトポイントや工夫がたくさん詰め込まれているので、ぜひ参考にしてみてください。

窓際にベッドを配置する

窓際にベッドを置いたお部屋

出典:@k__room_

 

1日の疲れをとるために重要なベッド周りのレイアウトは特に気をつけたいところですよね。

そこで、まずはベッドの位置に注目してみてください。窓際にベッドを置くと、日当たりが良く風通しも良いためリフレッシュ効果が抜群です。

 

他にも電気ではない自然な明るさが差し込んでくるので、朝の目覚めもすっきりするなどメリットがたくさんあります。

自然な光で起きることで体内時計も安定し、規則正しい生活を送りやすくなるのでおすすめです。

低めのベッドで高さの圧迫感を軽減

低めのベッドで圧迫感を軽減させたお部屋

出典:@to.miyu___

 

ベッドはそもそものサイズが大きく、家具の中では圧迫感が出やすいです。そのため、ベッドの高さを変えてあげることで圧迫感が軽減され、お部屋が広く見える効果があります。

 

すのこをベッドフレーム代わりに使用すると、一気に圧迫感がなくなるのでおすすめです。

それでも圧迫感が気になる場合は、布団にしたり、厚手のマットレスをベッドとして代用したり、ベッドフレーム自体を断捨離してみてはいかがでしょうか?

ラグで空間をなんとなく区切る

ラグで空間を区切ったお部屋

出典:@mymoonis_

 

お部屋の中に少しだけ、自分だけのお気に入り空間を作ってみませんか?

大きめのラグを敷いて、お気に入りのもので飾るだけであっという間に自分だけの特別な空間が出来上がります。

 

もちろんお気に入りの空間だけではなく、生活スペースの一つとしてラグを敷いて空間を分ける際にもこの方法は活躍します。

例えば、リビングに大きなラグを敷いて他の空間と分けるなど、ラグの大きさや敷き方によって色々な空間分けが可能ですよ。

見せる収納を有効活用する

見せる収納のあるお部屋

出典:@mo_point004

 

収納するスペースが少ない時は、見せる収納が大活躍してくれます。

 

見せる収納とは、名前の通りディスプレイ感覚で収納を見せながら行うことですが、物の置き方などで自由自在にでき、お家がお店のような雰囲気になってとてもおしゃれな空間に仕上がりますよ。

 

こちらのお部屋はキッチン周りの物を見せて収納しているので、どこかカフェのようなレトロでおしゃれな雰囲気の空間になっていますね。

また、キッチンが狭いことが多い1Kの間取りは、このように部屋の中に冷蔵庫を置いてしまうのもおすすめです。

ディスプレイのような収納でおしゃれ空間を作る

ディスプレイ風を意識したお部屋

出典:@___09310403

 

こちらのお部屋はアートや大きめのドライフラワー、キャリーケースをディスプレイの一角のように飾っています。

置いてあるもの一つひとつがおしゃれでテイストも揃っているので、統一感もあってとても素敵に仕上がっていますね。

 

お家の中でちょっとしたおしゃれ空間を作りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

必要最低限の家具ですっきりとまとめる

最低限の家具でシンプルにまとめたお部屋

出典:@room_shoko

 

不必要なものは一切置かず、シンプルにまとめられたお部屋。

必要最低限のものだけで構成されているので、見た目もすっきりしていて掃除も簡単にできるのでとても過ごしやすい快適な空間になっています。

 

荷物がないことによって様々なメリットが生まれるシンプルなお部屋は、誰もが一度は憧れますよね。

コンパクトなソファでくつろぎスペースを確保

ソファーでくつろぎスペースを作ったお部屋

出典:@kurm_room

 

お部屋にソファを置きたいけど、迷っているという方は写真のようなコンパクトなソファを置いてみるのはいかがでしょうか?

 

ソファを置くことで、なんとなくではありますが空間を分けられてなおかつゆったりできるスペースにもなるのでおすすめです。

最近ではベッドの代わりにもなるソファなども販売されているので、この機会にぜひ一度チェックしてみてください。

白を貴重として色で圧迫感を軽減させる

白で統一したお部屋

出典:@hitommy_teddyroom

 

家具をたくさん置いてしまうと、どうしてもお部屋全体に圧迫感が出てしまいます。

そこで家具の色味を白系で統一してみるのはどうでしょう。

 

白やベージュなどの明るくてやわらかい色合いで統一することによって、お部屋全体に優しい印象を与えてくれるので、視覚から圧迫感を軽減することができます。

白を基調とした家具は多く販売されているので、誰でも挑戦しやすいですよ。

兼用で使える多様性のある家具を選んで配置する

多様性のある家具を使ったお部屋

出典:@tamago_no_oheya

 

6畳のお部屋にダイニングテーブルと仕事や勉強時に使うデスクの2つを置くのは難しいと思います。

 

なので一台で二台分の役目を果たしてくれる物を購入することをおすすめします。そうすることでスペースの確保がしやすくなり、空いたスペースには別の家具を置けるのでより充実した快適な空間を作れますよ。

 

先ほども少し紹介しましたが、ソファとベッド、ドレッサーとデスクなど兼用できるものは積極的に活用することで、よりレイアウトしやすくなります。

6畳1Kのレイアウトについて気になるポイントを深堀り!

最後に、6畳1Kのレイアウトについて気になるポイント2点を深堀りしていきたいと思います。

セミダブルのベッドは置ける?

セミダブルベッドのあるお部屋

出典:@ryoga_tsunagu

 

はじめに、6畳のお部屋にセミダブルのベッドは置けるのかという点についてです。

お部屋の間取りにもよりますが、一般的な6畳のお部屋は約360cm×270cmで置くことは可能です。

 

しかし、セミダブルのベッドは横幅が約120cmと大きめなので、6畳のお部屋に置く際には他の家具を減らしたり小さくすることが必要になります。

収納が全くない場合は?

収納を工夫したお部屋

出典:@mo_point004

 

お部屋によっては収納スペースが全くない場合もあります。

そんな時は収納付きの家具を選んだり、見せる収納を有効活用することで快適に生活できるようになります。

 

ハンガーラックを置いて洋服をお店のように並べてみたり、本などを飾れるラックを買って見せる収納を楽しんだり。

収納スペースがなくても工夫することでお部屋を快適で素敵な空間にすることが可能です。

まとめ

今回は6畳1Kでも快適に過ごせるようなレイアウトの基本についてご紹介してきましたが、参考になりましたか?

 

6畳1Kと聞くとあまり広い印象ではないかもしれませんが、家具の配置の仕方に少し気をつけるだけで、快適で素敵なお部屋になります。

 

今回のご紹介したレイアウトポイントを参考に、ぜひ皆さんも素敵なお部屋作りをしてみてください。

そして自分だけの快適な空間を手に入れて毎日の暮らしを楽しみましょう。

合わせて読みたい


Recommend

落ち着いた雰囲気のワンルーム

収納なしでも快適に!ワンルームのレイアウトポイントを伝授

収納なしでも快適に!ワンルームのレイアウトポイントを伝授

ワンルームは収納なしの間取りが多くてレイアウトに困る…。必要最小限の家具…

間接照明を置いたデスク

1Kの部屋で在宅勤務。快適にテレワークするレイアウトポイントとは

1Kの部屋で在宅勤務。快適にテレワークするレイアウトポイント…

1Kの部屋で在宅勤務するには、レイアウトが重要。生活スペースと仕事スペー…

ソファを置いてリラックスできるお部屋

8畳を有効活用できるレイアウトは?大人女子の部屋作りのポイント

8畳を有効活用できるレイアウトは?大人女子の部屋作りのポイン…

8畳のお部屋を活かす最適なレイアウトとは?一人暮らしのワンルーム・1Kの…

2DKの素敵なレイアウト

働く一人暮らし女子におすすめな間取り。《2DK》のレイアウト実例

働く一人暮らし女子におすすめな間取り。《2DK》のレイアウト…

2DKは、1Kや1DKで悩みの種になる「収納問題」を解決できるので一人暮…

6畳の寝室でもゆったりリラックスできる。広々見せるレイアウト集

6畳の寝室でもゆったりリラックスできる。広々見せるレイアウト…

6畳の寝室ってレイアウトが難しい…。6畳でもゆったりとくつろげる寝室を作…

Category